男性

一般人は手を出さないほうがいいスズメバチの巣の駆除

駆除する時期

蜂

アシナガバチは、春から夏にかけて数が増え、広範囲で活動するようになります。そのためアシナガバチ駆除は、その時期に早めにおこなうことが大事です。冬には自然に死滅しますが、新しく生まれた女王バチは地中で冬眠します。これを駆除したり、巣が作られる場所に殺虫剤を撒いたりしておくと、翌年の被害を防止できます。

Read More

一軒家は警戒

白蟻

シロアリはクロアリとは全く異なる生体であって、木材や畳、ダンボールなどを好んで食べる傾向があります。したがって、木造だけでなく、鉄骨住宅やRC住宅も警戒しなければなりません。住宅に被害をもたらすシロアリは2種類であるため、特徴を理解しておきましょう。羽アリが出た場合には、特に警戒が必要です。

Read More

早期の駆除が大事

散布機

南京虫駆除は産卵によって成虫が増える前におこなうことが大事です。特に夏は1ヶ月ほどで成長するため注意が必要です。海外旅行に持って行ったトランクなどに付着していることが多いので、駆除はそれをしまってある押入れなどに、あるいは片付ける前のトランク自体に、殺虫剤を散布するという方法でおこなうと効果的です。

Read More

安全な暮らしに向けた駆除

蜂の巣

軒先に注意

ズズメバチは、家の軒下や、屋根裏にも巣を作りますが、大きさは50cm以上にもなる場合もあります。また、スズメバチは、土中の空間を利用して巣を作ることがあります。スズメバチは、巣に接近した者に対して警戒、攻撃する習性があります。スズメバチ刺害は、毒蛇咬害を上回っています。これは、2回目となるスズメバチ刺症では、アナフィラキシーショックを起こすことがあり、生命に危険を及ぼすことになることも大きな要因となっています。そして、スズメバチは、春先から初夏にかけて営巣しますが、最も活動が活発な7〜10月に巣を発見しますと、一般人では駆除が困難な状態にあります。これは、巣が大きくなりますと、殺虫剤も多く必要となるだけでなく、人間も殺虫剤を吸引する危険があるからです。したがって、スズメバチの巣を発見したら、専門業者に駆除を依頼することが肝要です。

専門業者による適切な駆除

スズメバチの巣を見つけた場合は、経験のない一般人による蜂用スプレーなどを使用した駆除は危険なので、速やかに専門業者に依頼することが肝要です。専門業者による駆除は、出てきた蜂を逃がすことなく、近隣にも影響がないよう最善の方法で駆除してくれます。また、駆除の際には、家屋を傷つけることなく、薬剤を有効に使用することで、効率的に除去してくれます。そして、梯子が届かないような高所作業においても、高所作業車を含めた様々な機材を使用して駆除してくれます。また、巣があった場所に再び蜂が戻ってくることもありますので、そういった対策も施してくれます。こういった専門業者による安全作業によって、安心した暮らしが実現できます。